Prime Skateboardが提案するスケートボードの選び方

PAPER WORK NYC PC用メイン画像PAPER WORK NYC SP用メイン画像

スケートシューズを履く理由

スケートボードを始めたら、次に必要なものは何か?

それは「スケートシューズ」です。

一見すると普通のスニーカーと同じように見えますが、スケートボードをより楽しむために必要な「高い機能性」が盛り込まれているのが「スケートシューズ」です。
歩く・走るだけではない激しい上下左右の動きに加え、スケートボードは足の指の動きまでデッキに正確に伝える必要があります。「複雑なソールのグリップパターン」による「履き古したかのような柔らかなソール」がスケートボードを楽しむため、延いては上達への大きな助けとなります。
またスケートボードでもっとも酷使されるは「下半身」、特に足首・膝へのダメージの蓄積はスケートボードをするにあたって避けられない問題です。それらを強くサポートするためにスケートシューズは素晴らしい「クッション性能」を備えております。スケートシューズの多くはシューズ自体はもちろん、メーカーの威信をかけた過剰なまでの「クッション性能」を追求した「インソール」が足首・膝をダメージから守ってくれます。
またスケートシューズは、スケートボードをするにつれて磨耗していくソールやトゥ部の耐久性に優れ、長時間の使用に耐えうるよう多くのモデルで軽量化が図られているのも魅力の一つとなります。

掻い摘んではいますが、これだけの特性を持つスケートシューズ、スケートボードの上達に大きな役割を果たす「スケートシューズ」を是非検討してみては如何でしょうか。

より詳しいスケートシューズの説明はこちらでご覧いただけます。

Primeが取り扱うシューズブランドのラインナップをご覧ください。

NEW BALANCE NUMERIC

特に耐久性に定評のある「NEW BALANCE NUMERIC (ニューバランスヌメリック)」。履きはじめこそ若干の「硬さ」を感じることがありますが、その硬さも「耐久性」の証拠でもあり、足への馴染みは早く、一旦馴染んでしまうと手放せなくなる魅力のシューズブランドです。

TEAMPJ LADD | BRANDON WESTGATE | ARTO SAARI & more

MORE

ADIDAS SKATEBOARDING

柔らかい履き心地と耐久性で多くのスケーターから支持される「ADIDAS SKATEBOARDING (アディダススケートボーディング)」。名だたるライダーをサポートし続けてきたノウハウがADIDASのスケートシューズの使いやすさを常にブラッシュアップさせています。一度履いたら病みつきになる履き心地のシューズブランドです。

TEAMMARK GONZARES | DENNIS BUSENITZ | NA-KEL SMITH & more

MORE

VANS

「スケートの代名詞」といっても過言ではない「VANS(ヴァンズ)」。TONY ALVA, JOHN CARDIELといったレジェンドからTYSON PETERSON, KADAR SYLLAなど今まさに注目を集める若手まで、幅広いライダーをサポートしています。またAUTHENTIC, ERA, HALFABといった名作はスケートボードをするなら一度は履いておくべきスケートシューズとなります。

TEAMSTEVE CABALLERO | ANTHONY VAN ENGELEN | TONY TRUJILLO & more

MORE

CONVERSE SKATEBOARDING

国内発のスケートライン「CONVERSE SKATEBOARDING(コンバーススケートボーディング)」。ライダーにTBPRの上野晋平、MxMxMの砂川元気等を擁する、今日本でもっとも勢いのあるスケートシューズです。シェブロン&スターのアーカイブモデルをベースとしたクラシックデザインに、試行を重ね日々進化する機能性。未体験の方はぜひ試してもらいたい注目のスケートシューズブランドになります。

TEAMSHINICHI ITO | KAITO SAGAWA | YUKI HIROSE & more

MORE

POSSESSED SHOE. CO

2016年に始動した国内発のスケートシューズブランド「POSSESSED SHOE.CO(ポゼストシュー)」。国内外のコアなスケーターから支持されるスケートシューズは、素材はもちろんステッチ、インソールに至るまで、日本人目線で考えつくされた一足となります。その耐久性と履き心地を是非体感して下さい。

TEAMMARU | SHOR WEST

MORE
coming soon

CART

TOTAL
¥0
 CART
×